心が風邪をひいたら読んでね!

川村整体ブログ 岡崎市

子供が宿るという事

20代後半、私は、自分でアルテ日進展(今はもう無い)の二階を間借りして、本屋さんを営んでいました。。

雇われ整体師をやめて、全く違う仕事をしてみたい。。と思ったのです。。

 

横のブティックの女性と仲良くなり、その人は、20代後半で、結婚していましたが子供はいませんでした。。

 

アルテの休憩室で、よく出くわし、いろんな話をしました。。

ある日、休憩室にいくと、彼女は、マザーテレサの本を読んでいました。。

 

マザーテレサが好きなんだね?」

「そうなの、あんないい人が死ぬ時、ちょうどダイアナ妃の事故死のニュースと被って、ニュースで大きく扱われなくて可愛そう。」

 

「そうかなあ。。俺は、マザーテレサは本物だったんだな。。と思ったよ!」

「何で?」

 

「だって、死んだことをニュースで大きく取り上げられて、惜しまれる事を望んで無かったんだろ。。だから、あーいう時期に、神様が静かに終わらせたんだし、本人もそれで良かったと思ってるはずだ。だから、有名になりたくて、やってたんじゃない。。本物だという事だよ」

 

この話に、いたく感銘してくれたらしく、次の日から、お昼時間になると、僕を昼食を一緒に。。と誘いに来ました。。

 

すると、自分の不妊で、子供が生まれないから、子供は諦めて、バイオリンを習っている🎻

という。。

 

「それって、子供を産むのが怖いと思ってるんじゃないの?」

彼女はビクッとして。。「何で分かったの」

「何が怖いの?」

「奇形児が生まれるのが怖い」

ある本に書いてあった事をそのまま伝えるね! 参考にしてみて。。

 

「子供が宿るということは、結婚した男女が生殖したから、そこに偶然宿るのではなくて、霊界の肉体界での修行順番を待つ、子供の魂が、肉体界での修行が、潤沢に進むのに適した男女をくっつけ、そこに生まれてくるらしいよ。。だから、奇形で生まれた、障害で生まれたのは親の責任ではなくて、子供の魂がそういう厳しい運命を選択し、魂を向上させようとして、選んだ人生。。そして、そういう障害を持った自分を、愛してくれる男女を選んで、くっつけて生まれてくるんだ。。」

 

心優しい彼女は、顔が急に明るくなり。

「私を選んで生まれてくるんだね!じゃあいい。奇形でもいい。。」

 

その後、すぐ妊娠。。お腹が大きくなりました。。

 

妊娠するとは、メンタル面が大きいんだなあ。。

と、思ったのです。