心が風邪をひいたなら

川村整体ブログ 

不登校の子の生き方。。

この一個前に書いたブログから見てくれると分かり易いですね。

今日も、先週来店した、高校2年の不登校の子。。

施術をして、腰を決めました。

「これで、気持ちが前に出てきて。自分がどうしたいのか?ハッキリ分かるから。。と。。」

 

そのお母さんが今日、来店して。。

①高2の子が、明るくなった事。

②先生に言われた大股ウオーキングを毎日やっている事。。

③そして、高校を辞めて、通信に行きたいと。。宣言してきた。。

と言うのです。。

両親と3人で話し合って、高校を辞め、通信に行く事を、許諾したのだそうです。。

 

それで、その決断は正しかったのか? 自分に問うて、悩んでいたが。。

先生の今日のブログを見て、この決断で良かったのだと。。ほっと安心んしました😮‍💨。。と。。

 

高校2年生の彼は、自分で、通信に行くと決断した訳なので。。

それは、聴いてあげるのが正解です。。

ただ、心得ておいてほしいのは。。

 

過敏体質でアレルギー体質の今の子は。。

自分と相性が良い環境、人間以外に、猛烈にアレルギー反応を起こす。。

つまり拒絶🫸反応が強く。。

 

そばアレルギーの人が、どんなに言われても、そばがダメな様に。。

不登校の子が、もうあそこは嫌だ👆。。と言い出すと。。

これは根性論ではないので。。

アレルギー反応なので。。

 

もうどうしようもないのです。。

 

つまり、通信に行った。。としても、そこが嫌だから辞める。。

と、言い出す可能性もあるんです。。

それを責めないで上げてください。。

 

また違う、通信を探すしかありません。。

社会に出て、職についても、すぐ辞める可能性が高い。。

でも、それを責めないで欲しいのです。。

 

それを責めてしまうと。。

どうせまた始めても、すぐ辞めてしまい..親に責められる。。と、思うと。。

責められたくないから。。もう、チャレンジしなくなる。。

まさに引きこもってしまうのです。。

 

不登校の子は、過敏でアレルギー体質です。。

言い換えれば、清流でしか生きられない、鮎の如くです。。

 

汚い川や、海では、生きられないのです。。

しかし、自分にとって、清流を見つければ。。そこに定住します。。

そこはパラダイスです。。

自分にとっての清流を見つけるまでは。。

学校を何度も変える、。職を何度も変える事を受け入れて、応援し続ける事が大事。。

次行こう、。と、すぐ辞めても、次に行こう、すぐ辞めても良い。。

 

心地悪い場所がある。。という事は、心地いい場所もあるんです。。

極端なんです。。

 

大人は、皆、押し付けてくるから嫌だ。。という気持ちが強いという事は、押し付けない大人は大好きです。。

確率が低いが、その子の居心地良く、相性のいい場所、人間関係の存在する場所はあります。。

根気よく、それを見つけるまで応援してあげる事です。

自転車は、転んでいるうちに乗れる様になる様に。。

不登校の子が、学校や職を頻繁に変えているうちに、自分はどうやって生きていけば良いのか?

自分で気づいてきます。。コツを掴んでくる。。

その為にも、繰り返し転ぶ事を応援していく事です。

 

すぐ辞める事を責めると。。挑戦しなくなる。。

決断力、行動力があれば、、いずれ収まる場所に収まるのです。

慌てない事です。